忍者ブログ
現場調査 瓦屋根No.04

瓦屋根の葺き替え工事の準備も着々と進んでいます。

着工前にお施主様と瓦屋さんと三人で最終打ち合わせを!
内容はというと・・


「既存の意匠をどこまで残すのか??」という内容です(^o^)/

既存の屋根のケラバには「刻み袖瓦」が使われています。


↓既存のケラバ



お施主様も昔からの意匠を少しでも残したいと仰ってくださいました!
古きよきものを残していける改修工事ならではのご要望です!!
まさしく、私たちの腕の見せどころですね!!




とはいえ、全て使えるわけではなさそうです・・・(´・ω・`)
凍て割れ等で再利用不可のものもあります。
ですから、問題なさそうなものを寄って、片方のケラバだけ「刻み袖瓦」とすることになりました~



ご予算や、既存の状態にもよりますが、出来るだけ愛着のあるものは再利用したいですね~
少しでも建物が昔に近い状態で残っていけますように。

さてさて、そろそろ冬も本番に入りそうです((((;゚Д゚))))ブルブル
暖かくして、頑張りましょう♪
皆さん、ご安全に~

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
プロフィール

HN:
アラキ工務店 朋くん
性別:
男性
職業:
現場監督
自己紹介:
木に触れる仕事をしたかったのと、伝統建築の町家や古民家の改修などに興味があったので、アラキ工務店さんに入社しました。

移動中の車内ラジオが最近のお気に入り。アニソン系もよく聴きます。
カテゴリー