忍者ブログ
現場調査 瓦屋根No.03

瓦屋根の状態を調査中に雨漏りの原因になりやすい部分を発見しました!!

それは、、、



谷です!!

大きな流れと流れが平行に交わるとどうしても谷が出来ます。
増築等をなさる際に、このようになる場合が多いですね(>_<)

写真の奥から手前にかけて少し勾配はついているのですが、
谷の板金に上からシングル??を葺いてるみたいで、両サイドに雨が溜まってしまう構造になっています・・・



葺き替える際に、谷の部分を板金葺きにし、水下には板金谷樋を設置して水の流れ道をつくります。

大体の方針が決まりました!!
少しずつ工事の準備をしていきます(^o^)/

ようやく朝晩は涼しくなりました。
体調管理には気を付けて!!今日もご安全に!

PR
現場調査 瓦屋根No.02

次は、大屋根に乗って瓦の様子を見てみます。

板金屋根にはしごをかけて登ってみると・・・




だいぶズレや、瓦の痛みが見られます(>_<)




棟の瓦が波うっています。
やはり下地から悪くなっているのでしょうか・・(-_-;)
写真ではわかりにくいですが、瓦の表面もボロボロ・・

全て葺き替えをしなくてはなりません(>_<)

大きな屋根ですので規模の大きな工事になりそうです・・・


屋根伏せ図を描くのもたいへんです(´・ω・`)



残暑がきつく、突然の雨にも注意です!!
皆さんご安全に!!

現場調査 瓦屋根No.01

現場調査に訪れた、京都市内から少し離れたところにある大きな木造平屋建て。

外部をぐるり見回っていると、これは大変!!
大屋根の隅棟が崩れている!!

昨年の台風の影響なのか・・
屋根の構造材である、隅木も折れてしまっているなんて(>_<)





これは下地からのやり直しが必須ですね。

土葺きを桟葺きにしたいとのご要望です。
瓦を全てめくって、土を下ろして、下地を直して、ルーフィングを引いて、瓦を葺きなおす。

工事の流れの説明はばっちりです。
次は屋根に乗って瓦の状態の確認を!!


雨が続きます・・気持ちもなんだかドンよりしますね(>_<)
皆さんもご安全に!

杉板の仮並べ

今日は倉庫で杉板の仮並べを!!

無垢の杉板を化粧で張るとき、その並べ方、順番で全く違った表情になります。

無垢の杉板は、赤身寄りのもの、白太寄りのもの、木目や節等々同じものは一つとしてありません!!
まさに生きた材料。自然素材ですね(^o^)/
既製品ではこういった表情はなかなか出せません。

↓赤白や木目を気にして並べてみました。


だからこそ、一度並べてみる。
二坪ほどの範囲ですが、どう並べるとよりかっこ良くなるか・・・
大工さんにも聞いてみようかな(^^♪


あっという間に7月中旬。まだまだ雨は続きますが、体調管理をしっかりと!!
皆さん今日もご安全に。

工事中のちょっと一言 NO.08

今回紹介するのは、、、

ズバリ「養生」です!!

内装の仕上げ工事(塗装・左官など)には絶対に必要になる工程で、これを怠るときれいな内装に仕上がりません!
それどころか、他の仕上がりを汚してしまう可能性も・・・



↑塗装前の際、木部の養生

こういった工程こそ手間をかけてやりましょう~

↓吹付塗装の養生の様子



養生にかかるの時間と塗装工事の時間があまり変わらないこともありますが、時間をかけてきっちりと養生をすることが大切です!!


一つ一つ丁寧な仕事を心がけています(^^♪
雨が続きます。皆さんご安全に!!

プロフィール

HN:
アラキ工務店 朋くん
性別:
男性
職業:
現場監督
自己紹介:
木に触れる仕事をしたかったのと、伝統建築の町家や古民家の改修などに興味があったので、アラキ工務店さんに入社しました。

移動中の車内ラジオが最近のお気に入り。アニソン系もよく聴きます。
カテゴリー