忍者ブログ
玄関回り改修工事 NO.01

市内某所の京町家。

今回は外部玄関回りの改修工事をさせて頂きました。

↓改修前の現状はこちら↓



全て取り替えるには費用も掛かりますし、何よりお住まいになりながらの改修工事です。
幸い、各部材に腐朽等は見られませんでしたので、今回は表面をきれいにします(^o^)/

あっという間の工事で、途中経過の写真が少ないですが次回から少し紹介していきます。


体調管理には皆さんお気をつけて!!
本日も、ご安全に~

PR
工事中のちょっと一言 NO.10

お久しぶりです。
ブログの更新が全くできていませんでした・・・。

あっという間に2月になってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

さて今回は、昨年行いました、廊下の床板張りの工事についてです。
既存の床板がプリント合板で捨て貼りをしてないせいか、ぶかぶかになっていました(>_<)
解体をするには壁が干渉してきて、工期も、予算も増えてしまいます・・

既存の床板で浮いてるところはビスで補強し、重ね張りをすることになりました!


今回張るのは、15mmの無垢のサクラのフローリング。
明るく硬い木が良いとのことで、サクラを採用。
12㎝幅と広めの床板に、ウレタン塗装をしています。





このようになりました!!

まわりの敷居等も15mmの厚みでバリアフリーになり一石二鳥(^o^)/

また、框に一つ工夫をしています。
芯材は合板を使い、表面は単板張りのL型の框を、既存の框に合わせて特注しています。
単板も、カバザクラを使用して、色目や木目がフローリングに合うものを名木屋さんから選びました!!

一体感もあり、元から大きな框が入っていたように見えます♪
これが日に焼け、色が変わってくると回りの木にもなじみ、良い味を出してくれるでしょう( ´∀`)bグッ!

古材の再利用

京都市の街中で今回は和室の改修のご依頼をいただきました。

床の間までつぶして、押入れと仏間を作ります。
一部屋だけの改修でお施主様もお住まいなので、いつも以上に気を付けて工事しました( ´∀`)b

今回床の間をつぶしてしまうので、いい材料は再利用してはとご提案しました!!



無目鴨居は落とし掛け。框は床框。地板は床板を再利用しました!!
落としかけは松。
框は黒檀。
地板は欅。蟻桟加工で2枚剥ぎでした。

写真では違いが分かりにくいですが、塗装した新しい材料と古材とではやはり味が違います。
お施主様も喜んでいただきました。

古材も何でもかんでも使えばいい訳ではないのですが、使えるもの、必要なもの、使いにくいので新しくしたいもの、全て考慮してお施主様のためになる洗濯ができればと思っています(^o^)/

今年ももうあと少し。みなさんご安全に!!

現場調査 瓦屋根No.04

瓦屋根の葺き替え工事の準備も着々と進んでいます。

着工前にお施主様と瓦屋さんと三人で最終打ち合わせを!
内容はというと・・


「既存の意匠をどこまで残すのか??」という内容です(^o^)/

既存の屋根のケラバには「刻み袖瓦」が使われています。


↓既存のケラバ



お施主様も昔からの意匠を少しでも残したいと仰ってくださいました!
古きよきものを残していける改修工事ならではのご要望です!!
まさしく、私たちの腕の見せどころですね!!




とはいえ、全て使えるわけではなさそうです・・・(´・ω・`)
凍て割れ等で再利用不可のものもあります。
ですから、問題なさそうなものを寄って、片方のケラバだけ「刻み袖瓦」とすることになりました~



ご予算や、既存の状態にもよりますが、出来るだけ愛着のあるものは再利用したいですね~
少しでも建物が昔に近い状態で残っていけますように。

さてさて、そろそろ冬も本番に入りそうです((((;゚Д゚))))ブルブル
暖かくして、頑張りましょう♪
皆さん、ご安全に~

工事中のちょっと一言 NO.09

京都市内某所に現場調査に向かいました。

そのお宅は空き家で、広いお庭があります。

給水管水漏れの調査等で、歩き回りました。
無事に終わってほっと一息。事務所に戻って資料作りを・・

と、思っていたのですが!!なんと!!!
ズボンが大変なことに!!!


ひっつき虫(正式名称は知りませんが(笑))がたくさんつきました(-_-;)
生えているのに気が付かず、歩き回ったのでしょう。
小学生の時は喜んで遊んでいたのを思い出します(´ー`*)ウンウン

しかし、これは洗濯でも取れないやつです・・・
仕方なく一つ一つ手で取りました(;´д`)トホホ


全部取ったつもりでしたが、洗濯をした後一つ取り忘れが見つかりました(#^^#)


もう少し足元に注意して歩こうと決心しました!
そうでないと、釘等を踏んでしまうことになるかも・・・

安全についてはちょっとしたことで考えさせられますね。
ではでは皆さん、ご安全に~
プロフィール

HN:
アラキ工務店 朋くん
性別:
男性
職業:
現場監督
自己紹介:
木に触れる仕事をしたかったのと、伝統建築の町家や古民家の改修などに興味があったので、アラキ工務店さんに入社しました。

移動中の車内ラジオが最近のお気に入り。アニソン系もよく聴きます。
カテゴリー